2015年03月25日

魔法少女まどか☆マギカ ガレージキット グリズリーパンダ まどほむ(っ´ω`(´ω`c)ルミナス

b4383.jpg
去年のトレフェスで買った物ですが、なんとか完成。毎度作るペースが遅いです・・・。
ペースが遅いのもありますが、2人組なので作る苦労も2倍で、なかなか大変でした。なにしろ全部で44種類のパーツ(トータル50パーツ以上・・)でしたからね。
b4370.jpg
組み立て方法は、基本的には仮組したあとに表面処理し、髪の毛と肌以外はプライマーを吹いて、それ以外は白サフを吹いた後に塗装という感じです。ちなみに部品はスカートとかに結構段差があるので、まともに直そうとすると面倒です。なお、椅子とスカートの先のフリルは先に接着後に上記のことをしています(組んだ後に綺麗に接着する自信がなかったので・・・が、これが微妙に失敗)
服はシルクっぽい質感を出したかったので、全体を白で塗装後に普通のパールを吹いて、ほむらはさらにパープル系のパールと、クリアーパープルでシャドウを入れ、まどかはレッド系のパールとごく薄くピンクを吹いています。その後に、半光沢のオーバーコートをして完成。組み立てればわかりますが、スカートの中も結構外から見えるので、手抜きせずにきちんと塗装することは必要です。
肌や髪の毛はベース色を入れた後にシャドウとハイライトを入れています。その後に、つや消しのオーバーコートを吹いています。
キットには目のデカールがついていたので、これを今回使っています。ただ、このデカール、親切に切り取り済みだったりするのですが、これが結構大きめに切ってあるので、そのまま素直に説明書道理に作るとマークセッターを使ってもまともに貼れないです・・・。この理由に気がつくまでに予備のデカールを使ってしまったので、もう諦めてちょっと微妙にきれいにできない状態にしてしまいました・・。というわけで、これから作る人は説明書を無視して自分できちんとデザインナイフでぎりぎりで切りましょう。
眉毛や口はデカールでなくガイドのようなスジが入ってますので、それに沿ってリキテックスで描いてます。そのあとは、パステルで頬に赤みを入れています。
一通り塗装後に最終的に組んでいきましたが・・・まず、まどかの右腕を先に接着すると既に接合してしまった椅子と腕が干渉して、体の接合部が椅子の接合部にはまらないことに気がつきました。これは接着する前に気がついたので、右腕以外を接着後に最後に腕だけを別に接合です。
あと最後の最後でほむらの髪がまどかの腕や椅子とビミョーに干渉することに気がついてしまいました。仮組したときはゆるくつけていたので、全く気がついてなかったです・・・。そういうわけで、髪の毛を削ると塗装の関係で目立つので白い椅子側を1mm程度リューターで削ってます。まどかの腕の方はまぁ、髪の毛に隠れてみえないのと椅子を削って余裕を持たせたら問題なくなったのでそのままです。デジタル造形だからか、いろんな部分はうまく勘合はしやすいのですが、そのせいか実際に組み立てるときの余裕度をあまり考えてない感じかなぁ。
その関係で、首のところはなにかあったときに修理できるよう、いまだに接着してないです。一応、首のところの接合は深めになっているので、無理に接合しなくても特に問題なさそうでしたので・・・
というわけで、適当に完成品を撮影。デカールの部分はちょっと不満足ですが、髪に微妙に隠れ気味になってるせいか写真にするとわからない程度なので(ぉ、もうこれでいいやって感じですw それ以外は、全体的にはいい感じでできたとは思います(自画自賛。
b4371.jpgb4372.jpgb4373.jpg
b4374.jpgb4375.jpgb4376.jpg
b4377.jpgb4378.jpgb4379.jpg
b4380.jpgb4381.jpgb4382.jpg
b4383.jpgb4384.jpgb4385.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

2015年01月23日

ドルパ32アフターイベント

ドルパアフターがSuica騒動のせいか?ドール本体の方が後日抽選になってましたが、遊びがてらに土曜日のアフター後にいろんな店舗回って抽選してきましたw 取りあえず、横浜は移転後、ららぽーとの店舗は初めて行きましたが、ららぽーとって大きいんですね・・。中の店舗にたどり着くまでに迷子になりかけましたが。
最初は面倒くさいなーと思いながら回ってましたが、午後3時〜8時の間にいかにうまく店舗を回れるか、というゲームと化して楽しんでしまいました。どの電車に乗るかとか、どの順番でいけばいいかとか試行錯誤しながら、なんだかんだうまく6時間で4店舗制覇。でも、帰りに立川に寄ったときは、閉店5分前でしたけど。ららぽーとであんまり人が並んでもいないのに抽選申し込みに40分近くかかったのが、地味に難易度を上げてました。
で結果ですが、苦労のかいあってか、見事にささらが当選してました。というか、メルティは持ってますので、ささらしか申し込まなかったわけですが・・。先日のダイレクトパスの抽選も当選してましたし、今年は最初から運がいいです。日曜日に受け取りにいかないとなー。
で、今日はうる星やつら2 ビューティフルドリーマーのBlurayが届いていたので、早速視聴。懐かしいですが、やっぱり面白いです。DVDは買っていなかったので比較できませんけど、BDだけにやっぱり綺麗ですよね。ただ、昔のフィルムだからゴミが目立ちますが。あと、音声がDTS HDになってるんで、これで聴くとかなりいいですね。当分これだけでリピートできそうです(ぉ しかし、バスのシーンとか、喫茶店のサクラさんと温泉マークのシーンは、まどマギのアレですよね。まどマギを劇場で最初みたときにデジャビューを感じましたが・・・
posted by もろぼし☆らむ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月12日

アゾン 1/3ドール 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ

b4324.jpg
そんなわけで届きました。これで全員PMHQメンバー全員揃いました。ということで、適当にレビューなど。
真打ち登場という感じのマミさんですが、かなりの再現度かと思います。ただ、ウィッグはもうちょっと前髪をがんばって欲しかった感じではありますが、内向きのカールもうまくできてるかと思いますので、許容範囲内でしょう。
b4325.jpgb4328.jpg
素体は上半身はAZO2のG胸で、下半身はオビツ48というハイブリッド構造ですが、一応中学生なのでそれが妥当でしょうね。
髪飾りはそれぞれにピンがついていますので、これをウィッグに刺す感じです。帽子にもピンがついていますので、こちらも同様です。
b4327.jpgb4326.jpg
b4331.jpg
b4329.jpgb4330.jpg
アウトフィットは、ワンピースとコルセット、スカートは一体型になっていますので、そのまんま着せて後ろの面ファスナーで止めるだけで簡単に着せられます。
b4332.jpg
縞ソックスは紫の生地に塗料みたいなもので縞が付けてある感じです。端の折り返しまでついていますので、そのままはかせると足に色移りするかもしれませんが、足は普通のオビツ50なので部品購入できますから気にしなくてもいいかもしれません。
b4333.jpg
ブーツはPVC製です。杏子と違って足先を抜いて突っ込む方式ですから、履かせるのはラクチンです。
b4334.jpg
手の部分は昔のフェイトと同様に塗装手袋っぽく塗装したものです。まぁ、指ぬきグローブですから、さすがにこれを縫製で作るのは難しすぎますからね。ただ、ちゃんと手袋と指の境界は段差がついていて、通常の手パーツに塗装したわけではなくて、きちんと専用の型を作った特注品のようです。
b4335.jpg
付属品は髪飾りと帽子の他は、持ち手とマスケット銃が2丁です。
ところが、このマスケット銃、かなり大きくて、オビツ50の持ち手では持てません(ぉ 広告では持ってることになっているので謎ですが・・・。手持ちでガレージキットで作ったDD用のマスケット銃とサイズもあまり変わらなかったり・・・(一番下がガレージキットのマスケット銃)
b4336.jpg
しょうがないので、DD用の細持ち手と軸を準備して、塗装して使うことにしました。左がDD用で右がオビツ用です。
b4337.jpg
よく知られていることですが、なぜかDDとオビツ素体は共通仕様が多くて、手の部分も同じです。軸はDDの軸が長めと、ちょっと手のひらが大きい以外はほとんど変わりません。そんなわけで、手の部品はDDのものをそのまま流用できます。逆も同様です。あと、DDのをオビツで使う場合は結構メリットがあって、AZO2素体ですと手の部分が微妙に元の外皮より長いようなので、軸がきちんと骨格に刺さらずにぽろぽろ手が抜け易いのですが、DDの手の部品は軸が長いので、しっかり止まり抜け落ちることがありません。オビツ素体はコストダウンのためかわかりませんが、こういう一部設計の余裕がない部分があるのが残念なところかな。
実際につけるとこんか感じですが、ちょっと手は大きいですが、違和感はほとんどありません。
b4338.jpg
この状態ですと、結構いろいろ持たせたままでポーズを取ることが出来ます。二丁で振り回す感じになったり、広告っぽく後ろに回したり、当然一丁持ちなら余裕です。
b4339.jpgb4340.jpgb4341.jpg
b4342.jpgb4343.jpg
b4344.jpgb4345.jpg
マミさんが来ましたので、ちょっと放置してしまってた以前に買ったディーラー製のなぎさ服を出して、カスタムしてみました。ベースは、MDD真里亞を使ってます。やっぱりちょっとオビツ50と比べるとちょっと大きめに感じますね。
b4346.jpgb4347.jpgb4348.jpg
やっぱりマミさんなので、2体買ってみました(ぉ ブーツを履かせない状態だと、結構背の高さが変わってしまいますね。デフォ服着せないで、髪おろしたマミさんという感じでいろいろ着せ替えてます。ウィッグを変えてもかわいいです。
b4349.jpgb4350.jpg
マミほむっぽい画像とかも。2,3週目のループではこういうこともあったのかもと妄想w
b4351.jpg
その他、色々写真など。髪おろしマミさんも可愛い。
b4352.jpgb4353.jpgb4354.jpg
b4355.jpgb4356.jpgb4357.jpg
b4358.jpgb4359.jpg
b4361.jpgb4360.jpgb4362.jpg
b4363.jpgb4364.jpgb4365.jpg
b4366.jpgb4367.jpgb4368.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2015年01月04日

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。
b4323.jpg
年賀状は毎度こんな感じですが、今回はCLIP STUDIO PAINTを使ってみました。試用で30日は全機能使えるので、ものはためしでしたが、これかなりいいですねー。あんまり時間もなかったので、アタリだけ紙に書いた後にスキャンして、それを元に清書で彩色でしたが、清書がかなり楽。普通に描くだけでベクターになるのは便利すぎですね。すっかり気に入ったので、購入してしまいましたよ(折角なのでExの方を)。
色々機能試して描いてるだけで楽しかったので、今年は久しぶりにお絵かきを中心にやってみようかと思ったぐらいです。pixivに潜伏して何かやろうかな? 下手の横好きですがw
posted by もろぼし☆らむ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月25日

秋の野外撮影

というわけで、有休取って近所の公園まで行って撮ってきました。結構大きな銀杏の並木がありますので、この時期は黄色一色になり綺麗なことになります。でも、自分の勤めてる会社の隣だったりしますが(ぉ 実は去年もここで撮っていたのですが、ほとんどお蔵入りになってしまいました。
b4312.jpg←このぐらいの木陰
その原因が、並木の間が狭すぎて、木陰で撮ることにより、まともにヘッドに光が回らず陰鬱っぽいイマイチな写真になってしまうことです。そんなわけで、その時とった写真で唯一マトモそうなのが、このブログの上にある写真でして。去年は仕事が忙しかったので、これで終わってしまいました。
そんなわけで、今年はリベンジをかねてレフ板抱えて行ってみましたが、結局これも駄目で木陰だと光が十分に取れないので、どうにもならず。
そのため、掲示板で色々アドバイスを聞いて、最後は結局ストロボを使うことにしました。この手の問題の対応としては、外付けストロボでハイスピードシンクロを使う方法と遠方からストロボを当てる方法があることがわかったので、この二つの方法を試してみました。結論から言えば、ハイスピードシンクロは木陰だと背景が暗すぎて使えないが、遠方からストロボを当てるのはかなり有効みたいですね。
自分の場合は別に三脚を立てて、そちらに外付けストロボ(PENTAX AF-540FGZ)を立てて、バウンス用の反射板を付けた状態でリモートでストロボを炊くという、えらく自分にとっては大がかりな仕掛けを組むことに。このストロボの場合、リモート制御は内蔵ストロボをコントロール用に使うことになります。キヤノンなどは赤外で制御できるものもあるらしいのですが、PENTAXではないようなのがちょっと残念。
これでやってみたところ意外にいい感じに取れたので、今度は直射日光下でもちゃんと動く、長いシューコードで有線でつないでいろいろ試してみようかと思います。撮っているときにストロボに日光が当たっていると、まともにコントロール用のストロボを捕捉できないようですので。。
というわけで、適当に今回撮ったものを。今回は、撮影の実験が目的のようなもんだったので、あまりいい感じのものはありませんが・・・
b4313.jpgb4314.jpgb4316.jpg
b4317.jpgb4315.jpgb4318.jpg
b4319.jpgb4320.jpgb4321.jpg
b4322.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール