2011年11月21日

WF ガレージキット 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ

夏のWFで買ってきたガレージキットの最後の1つで、マミさんです。これで、夏のWFで買ったガレキは全部作り終わったので、積みガレキはゼロとなりました。というわけで、適当に写真をアプ。
ガレキの制作元は「スガルオトメ」さんというとこです。
製作については、ほむほむと違って勘合が間違わないようになっていたので、それは助かったのですがリボンの一部がコルセットと干渉しやすい造りだったので、そこをうまく合わせこむのが結構面倒くさかったです。削ってははめて、削ってははめてという感じで・・・w あとはマスケット銃の模様が水デカールだったのですが、かなり壊れやすくて端っこのとことかを貼り付けたときに損壊。貼り付け練習用wのデカールがあればよかったのになぁ・・、と。取りあえず、そういうところは削り取ってリキテックスで補修塗装後にクリアーで筆塗りして保護してしまいました。塗装では縞タイツがやっぱり面倒でしたが、一応当たり線が打ってあったのは助かりました。さすがに手書きだけであれをやるのを辛いです。なお、毎度悩むパンツの色は、やっぱりマミさんだし黒っしょ、ということで有無を言わさず黒です(ぉ 
そんなこんなで完成しましたが、今回は比較的個人的に満足行く出来でした。ちょっとほむほむは調色が難しくて、納得いく色が出なかったり、全体的にベタっという感じになってしまいましたが、それを教訓にメリハリよくしてみましたので。なかなか格好いいマミさんができたので満足です。やっぱりマミさんは絵になりますよねー。次回のWFでもマミさんガレキを漁ってこようかな。
なお写真のキュウべぇは、ねんどろまどかから拝借したものですので、このガレキの付属品ではありませんのでご注意w ちょっと間違って大きめの台座を買ってきてしまったので、端っこが寂しくなってしまったので、置いてみましたみました。
b2450.jpgb2451.jpgb2452.jpg
b2453.jpgb2454.jpgb2455.jpg
b2456.jpgb2457.jpgb2458.jpg
b2459.jpgb2460.jpgb2461.jpg
b2462.jpgb2463.jpgb2464.jpg
b2465.jpgb2466.jpgb2467.jpg
b2468.jpgb2469.jpgb2470.jpg
b2471.jpgb2472.jpgb2473.jpg
b2474.jpgb2475.jpgb2476.jpg
b2477.jpgb2478.jpgb2479.jpgb2480.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

2011年10月24日

WF ガレージキット 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら

夏のWFで買ってきたガレージキットですが、取り合えずほむほむが完成しました。というわけで、適当に写真をアプ。
ガレキの制作元は「佐藤君8号」さんというとこです。組み立てていて面白かったのが、首とか頭の接合のところ。妙に空洞が空いている構造だったので、ちょっと新鮮でした。まぁ、あんまりガレキは作っているわけでもないので、原型作成手法で有名なものなのかもしれませんが・・・。
あとちょっとスゴイと思ったのが、このポーズで足の底面積も狭いのに自立しちゃうところです。重心を計算して作ったのならすごいなぁ。まぁさすがに飾るときは揺れでの転倒が怖いので、真鍮棒を立てましたけど。あと、足の造形は結構艶っぽくていいと思いますw あと、右腕はピストルの持ち手と開き手がつきます。まぁ、マジカルピストルwを持ってる方がほむほむっぽいので、それで飾ってますけど。
組み立てとかは難しくなく、キャストの状態も気泡が少ない方だったので、修正もあまりなかったのですが、配色はちょっと苦労しました。なかなかあのほむほむの紫系の色が出しにくいです。結局、グレーにパープルを混ぜて、黒と合わせて調色という感じになりましたが・・・。シャドウはクリアーブラックを吹いてますけど、写真にすると飛んじゃってるのでよくわかりませんね・・。
b2368.jpgb2369.jpgb2370.jpgb2371.jpg
b2372.jpgb2373.jpgb2374.jpgb2375.jpg
b2376.jpgb2377.jpgb2378.jpg
b2380.jpgb2379.jpgb2381.jpg
b2383.jpgb2382.jpgb2387.jpg
b2384.jpgb2385.jpgb2386.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

2011年08月05日

ワンダーフェスティバル WSC #054 初音ミクとはちゅね

前回のワンフェスで買ってきたガレキですが、先日のワンフェス前に完成・・・だったのですが、台座がなくてワンフェス後に秋葉原に寄って買ってきたのでした。それまでは適当な板きれに穴空けておいていたり・・・
市販品なので抜きはまとも・・・かと思ったら、結構微妙。ジャケット部分とかムラがあったりしてダメですね。中国の業者でやったみたいだから、まぁ、そんなもんなんでしょうか。
あとこれは勘違いだったのですが、ワンフェスで売ってるもんだから作りやすくなってるはず・・と思っていたら、結局はアマチュアディーラーのガレキの原型からそのまま作った物ですから、部品の勘合は余りよくありません。特にはちゅねを持つ方の右手の肘がうまく合わなくて、結局エポキシ接着剤で強引に接合する結果に。最初に完全に仮組していればよかったのでしょうが。取りあえず。これから作る人がもしいたら、両手に関しては注意した方がいいとは思います。
はちゅねは1mmの真鍮線を通してミクの手のひらとエポキシ接着剤でつなげています。接合部は目立たないように黒で塗装。はちゅねは接合する手のひらの部分のアタリもないので、ここも注意が必要。自分の場合は仮組段階でアタリを付けて手のひらに少し穴をあけたあと、はちゅね以外の部品を接着剤で付け終わったあとに、はちゅねを速乾エポキシ接着剤でくっつけています。
デカールは左右の袖の部分のと、ディーラー名の書いてあるのがつきます。水デカールですから、切り取って水につけて台紙から剥がした後に貼り付けます。そのあとはクリアーを吹いて固定すれば見た目はまったく貼り付けたあとがわからなくなります。
塗装に使った塗料は髪の毛はガイアカラーのストーングリーン、ビリジアングリーン、エメラルドグリーン、ウルトラマリンブルーの混色、ジャケットはライトステンレスシルバーと言った感じ。でも、ジャケットはダークステンレスシルバーの方がよかったかも・・・。ちょっと明るすぎかな。なお、ぱんつは適当に縞ぱんにしてありますw
そんなわけで、適当に写真を。先日のWFではWSCがなかったわけですが、次回はどうするのかな・・・
b2100.jpgb2101.jpgb2102.jpg
b2104.jpgb2105.jpgb2106.jpg
b2110.jpgb2103.jpgb2109.jpg
b2108.jpgb2114.jpgb2112.jpg
b2113.jpgb2116.jpgb2107.jpg
b2111.jpgb2115.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

2010年09月07日

つくもたん

先日のWFで買ってきたつくもたんのガレキ(製作元)ですが、なんだかんだで夏休み中に完成。暑くて家に閉じこもってましたからねぇ・・・
結構パーツが合わないところが合ったりしましたが、そんなにパーツ数もなかったので、ポリパテ使って修正しつつサクサクと完成。昔からしたらたいした進歩です。でも、ヘッドの鼻筋を立てた修正をしたのは失敗だったかなぁ。思い切って鼻の造形はなくしてしまった方がよかったかも。あとスカートの分割はちょっとよくなかったかも。前掛け部分は一体型の方がよかったなぁ。
しかし、塗装してて一番悩んだのが、つくもたんのパンツは無地か、しまぱんのどちらなんだろうか、ということだったとは口が裂けても言えないw って言ってしまってるって・・・w 資料探しまくったけど、見つけられなかったのでした。
というわけで完成写真を適当に。
b1456.jpg
b1457.jpgb1458.jpgb1465.jpg
b1459.jpgb1460.jpgb1463.jpg
b1462.jpgb1461.jpgb1464.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

2010年08月29日

青島文化教材社 小惑星探査機 はやぶさ MUSES-C 1/32 プラモデル

思わす初版を買い損なって、6月末の再販で購入したものです。はやぶさ人気で、いまでも品薄状態だそうですが、来月ぐらいにAmazon限定版でメッキ仕様のものが出るらしいです。そんなわけで、それが出る前に完成させましたw まぁ、Amazon限定のも、金のところだけメッキになるようですので、あんまり変わらないですけど。あと電池パネルに貼れるシールが付くみたいですね。まぁ、この部分はマトモに仕上げるには、結構面倒ですから改善にはなってますね。
こちらの通常版のプラモデルはメッキもなんもなくて、グレー一色のものです。しかも、金属部分ばっかなんで結構質感を出して仕上げるのにはハードル高いので、あんまり初心者向けでもないような・・・^^; 子供にせがまれて買ったお父さんもいそうですが、なかなか大変そうです・・・。一応、基本の塗装レシピが説明書に載ってはいますが、そのままやると見事にパッケージの絵と違うモノができあがるので注意です(ぉ まぁ、筆塗り前提だとああなるんだと思いますが・・。
塗装の面倒くささを除けば簡単に作れていいのですが、台座のイトカワの安っぽさがなんとも・・・。特に斜めにかっこよく飾れないのが不満です。せめてもう1軸可動部分をいれて欲しかったですねぇ。それと、単に載せるだけで固定はされないので、ちょっと揺れると落ちるので怖いです。というか、一度落としてアンテナの支柱の1本を完成後に折ってしまいましたorz  接着剤でくっつけて治しましたけど・・・
あと、細かい部分がいろいろと本物と違う部分がありますね。太陽電池パネルとかエンジン部分とかいろいろと。もうちょっと凝って欲しかったかな・・・。

というわけで適当に製作レビューなど。
部品は台座になるイトカワを模した部分が3パーツ、本体が22種類ですので、さほど多くはないですので組み立てるのは簡単です。ただ、本体はマスキングする部分が細かくわかれているのが結構面倒です。あと、基本的にメタリック色を多用しますから、綺麗に仕上げるにはエアブラシが必須です。
こちらの塗料のレシピはこんな感じ。メーカー表記ないものはMrカラーです。各部分は本来はもうちょっと色分けがあるように見えますが、まぁ基本的にメーカー指定を多少いじった程度で。

オリジナルの指定    実際に使った塗料
C1ホワイト     →  GX1クールホワイト
C2ブラック    →  ガイア No,2 ピュアブラック
C8シルバー   →  ガイア No,121 スターブライトシルバー
C9ゴールド    →  ガイア No,124 スターブライトブラス
C10カッパー    →  C10カッパー(新し目の色味)
C33つや消しブラック → C33つや消しブラック
C35明灰白色   →  C13ニュートラルグレー
C110キャラクターブルー → シルバー/クリアーブルー/蛍光ブルー/クリアーパープル

C110キャラクターブルーはオリジナルの指定では太陽電池パネルの塗装に使いますが、これだと凄く安っぽく見えるので止めた方がいいと思います。自分の場合は、まず下地にスターブライトシルバーを吹いて、接合部分にマスキングし、そのあとにガイアのクリアーブルー(44)を吹き、軽く蛍光ブルー(101)とクリアーパープルを吹いて、マスキングを剥がしたあとにクリアーを吹いています。これで、かなり本物の太陽電池パネルっぽくなります。下地がシルバーですので、光に当てるとキラキラ光って綺麗です。
つや消しブラックは太陽電池パネルの裏側とエンジン周りですが、エンジン周りはガイアのダークステンレスシルバーを吹いたあとに、クリアーブラックを重ねています。ここらへんは金属っぽい感じの方がいいでしょうということで。
グレーを使っているのは台座のイトカワの部分なので、結構適当です。手持ちの塗料でこれがあったので使っただけです。実際にはちょっとブラックを混ぜたものをシャドウとしても吹いています。
まぁ、実際には違う色味なんですけど、かっこよさ優先で配色してます。
塗装後に部品を組み立てますが、こちらは瞬間接着剤でさくさくとくっつけてあげれば終了です。
そんなわけで適当に完成写真をぱちり。比較用に雪ミクを置いてみましたが、どっちも青系で合いますねw
デフォルト台座だけだと味気ないので、オビツのスタンドでいろいろと変化も付けてみてますが、本来ドール、フィギュア用なので安定性は良くないです。どこかにうまく合うスタンドがないものでしょうか・・・。
b1437.jpgb1438.jpg
b1440.jpgb1439.jpg
b1441.jpgb1442.jpg
b1450.jpgb1451.jpgb1447.jpg
b1443.jpgb1445.jpg
b1449.jpgb1448.jpg
b1453.jpgb1444.jpgb1452.jpg
b1454.jpgb1446.jpgb1455.jpg
6月はこれを買ったほかにKeyのクドわふたーも買っていたのですが、こっちも宇宙ネタだったんですよねぇ。発売日をうまく合わせたのかどうか知りませんが、思いっきり6月は宇宙月間になっていたのでした。一応、クドわふはクリアしましたけど、あのゲームをやるとペットボトルロケットが作りたくなります・・・w
posted by もろぼし☆らむ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア