2017年05月07日

WFガレージキット 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子

b4787.jpg
去年の夏のWFで買ったものです。アリヌとsaiの工作部屋さんの作品です。数年前のキットの再販のようですが、当時はまどマギブームで人気すぎてとても買えなかったので、こういう風にブームが収まった頃に再販してくれるのはありがたいです。
そんなわけで買えたのはいいのですが、今回はいままで組んだガレキの中で一番作るのがつらかったです。このキットで特徴的なのは髪の毛の複雑さですが、ここが付属の説明書だけだと組むのが不可能だというのが一番の問題。作者さんのWebに組み方が載せてあってこれを読み進めながら作らないといけません。
b4806.jpg
といっても、それをやっても特に髪の毛部分はどの部品がどれなのかというのがすごくわかりにくいのと間違えやすいので、事前に組み方に載ってるパーツと手元のパーツがどれに当たるかを事前に把握することをオススメします。自分の場合、付属の説明書に番号を振って、ライナーから外したパーツとの整合をとったあとに作業をしています。ちなみに、入っているパーツの分け方と説明書の分け方は違うので、こちらも注意が必要。自分の場合は番号を書いた紙コップの中に全部わからなくならないように振り分けました。
b4788.jpg
あと髪の毛部分の塗装をどうするかとか、色々考え込んでしまって、表面処理をしたあと数ヶ月髪の毛のところを考えて放置してしまいました。自分の場合は、パーツ一個一個(それかブロック)で組んで処理したあと塗装して、その後に組み立てをする感じですが、それだと塗装のときの陰影をつける場合に、髪の毛のパーツがどのような位置に来るかを最初から把握しておく必要があるので無理だという結論に達して、髪の毛パーツだけは無塗装で組んだ後に、プライマーを吹いて、さらに塗装するという感じにしています。
b4793.jpg
なお、頭に接合する突起が自分のパーツでは1箇所欠損していることがあとでわかったので、0.5mmの真鍮線を使ってこの部分は補ってます。この部分、元から欠損したのか誤ってライナーから切るときに間違って一緒に切断したかが今となってはわからないので、事前に組み立て方をみてどのパーツのどこにコレがどこにあるかは調べておいた方がいいかもしれません。
ちなみに髪の毛はうまく組まないと頭の後ろにきちっとはまらないみたいです。自分は見事にハマりませんでした…。まぁリボンに隠れてちょっとぐらいの浮きはわからないと思います。自分のもちょっと浮いててますが、塗装にも隠れてわかりにくくなってます。なので、気にしたら負けかも。まぁ、組む時は頭の裏に当てながら調整しつつ組んだほうがいいとは思いますが、髪の毛は頭だけでなくリボンとも嵌合させる形になるので、こちらとも合わせなければいけないというのが調整で難儀するポイントかもしれません。
槍の部分のチェーンは0.3mmの真鍮線をガイドにして、フラグシップ社の黒の細チェーンを1m近く使ってエポキシ接着剤で固定してます。槍の柄はプラ棒(Φ2mm)を調達する必要があります。自分の仮組みが甘かったこともありますが、右手のところは穴が小さすぎでこのプラ棒はノーマル状態では刺さりません。ということに組んでから気が付きました…。差し込むつもりなら事前にΦ2mm以上のドリルで穴を広げておく必要があります。とは言え、右手は普通に組むとスカート側に近すぎてそれも結構難しいので、差し込むつもりなら、腕部品を上に曲げるなどして調整が必要です。作者さんの作例でも差し込んでない状態になってるので、別に複製不良などではなく、元からそうなっているのだとは思います。
などと、滅茶苦茶難儀したこのガレキですが、完成してみれば躍動感もあってかなりいいできだとは思います。Twitterにも書きましたが斜め後ろから見るのがいい感じ。でも、ちょっと2度めは組みたくないです…
そんなわけで完成写真など。
b4805.jpgb4789.jpgb4790.jpg
b4791.jpgb4792.jpgb4794.jpg
b4795.jpgb4796.jpgb4797.jpg
b4798.jpgb4799.jpgb4800.jpg
b4802.jpgb4803.jpgb4804.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

2016年06月12日

WF ガレージキット 魔法少女まどか☆マギカ 水着マミさん キャンパスアート版

冬のWFで唯一購入したマミさんのガレキです。最近はまどマギのガレキを作ってくれるディーラーさんはほとんどいない寂しい状況なので、会場で即買いました。製作はジュネス202さん(Twitter: @kimishin)です。カラーレジンキットでパーツも少ないので比較的カンタンに作ることはできました。
 ただ、左胸だけ別パーツになっていてやっぱりレジンキットの宿命でちゃんとボディと合うわけでないので、逆側からみたときに隙間が気になってしまったのが今回の作って失敗したな、という点。塗装前提なら、最初に左胸を接着してパテ埋めして隙間をなくしてからやればよかったですね…。意外に目立ってしまったので、取り敢えず片側からしか見ないようにすることにする消極的対応です。
 ちなみに髪の毛はボールジョイントっぽい感じになっていますので、ブルタックなどを使って固定しておくと、自由に巻き髪を動かせるのでよいかと思います。
 水着はレジン製で唯一細かいパーツが多いので接着で手間取るかも? 自分はドライヤーで接着位置にぴったりするように紐部品を曲げた後に瞬着で固定しました。たぶん、そういう調整をしたあとでないと難しい気はします。
 水着は一応透け塗装っぽくしたつもりではあるんですが、イマイチよくわかない感じになってしまいました。なかなか難しいですね。
 そんなわけで、完成写真など。
b4674.jpgb4676.jpg

b4675.jpgb4677.jpgb4678.jpg
b4679.jpgb4680.jpg
b4681.jpgb4682.jpg
b4683.jpgb4684.jpgb4685.jpg
b4686.jpgb4687.jpg
b4688.jpgb4689.jpg
b4690.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

2016年02月27日

WF ガレージキット その3 つくもたん 卒業式Ver.

b4593.jpg
作ったガレージキット3つ目。なかはらワークショップさんのつくもたんで卒業式Ver.。これは結構作るのに苦労しました。欠けも気泡も結構多かったのと、結構嵌合がシビアなのもありますが、部品の分割が妙に独特で普通のガレキとちょっと違った感じだったので、特に頭のところは塗装してから気がついたという・・・。まぁ、仮組みの確認が甘かったってのもありますが。
頭の前と後ろの部品の髪のところはピッタリ接合するわけではない(完成写真と見比べましょう)、あとジャケットの後ろが2つに分割されているのはくっつかなくてもいい(後ろ髪で隠れるから)ってとこに気をつけて作ればいいのではないでしょうか。
b4601.jpgb4600.jpg←頭と背中の嵌合
髪の前後分割されてる部分の表面処理がちゃんとされないのはそれに気が付かなかったからですが、塗装までやってしまったので、直すのが面倒くさくなって目立たないからイイやとそのまんまです(^^;。
あと卒業証書の筒を持たせるとこは引っ掛ける部分は小さな微妙な穴があるぐらいなので、上手く両手の指の間を調整して挟み付けるようにすることが必要です。エポキシ接着剤でくっつけるときは、片方の手首以外をつけて完全硬化させた後に、残りの片手の手首をくっつけて完全硬化していない状態で、両手の指の間が1mmぐらい証書の筒の全長より短めに手首の傾きを調整してあげるといい感じです。筒の固定に接着剤を使う、使わないのどちらにしても、取り敢えず、とにかく片手の位置を先に確定させることがコツでしょうか。
b4598.jpgb4599.jpg
プリーツスカートのところはデカールがありますので、これでつけます。デカール自体に色がついていますが、下地の色を完全に隠蔽するわけではないので、スカートの下地は白色にする必要があります。裏地は表地ににた色で暗い色で塗装すればいいでしょう。
b4604.jpgb4602.jpgb4603.jpg
デカールはかなり硬いので、貼り付けにはクレオスのマークソフターとマークセッターが必須です。マークセッターを塗った後にデカールを起き、その上にソフターを塗って、ドライヤーで暖めるとデカールが柔らかくなるので、そのあとに貼り付け位置を調整します。失敗しやすいですが、デカールはかなり多めに付属していますので、安心してできると思います。なお、デカールの貼り付けは、スカートのプリーツ1〜2つ単位でやれば模様の配置がいい感じになるかと思います。おかげでこの作業だけで二時間以上かかりましたが・・・
なお、アイデカールもついてましたが、ちょっと単色で寂しい感じだったので、手書きでアイペしました。
そんなわけで適当に写真など。
b4594.jpgb4595.jpg
b4597.jpgb4596.jpgb4605.jpg
b4607.jpgb4606.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

WF ガレージキット その2 つくもたん らびたんクエストVer.

b4609.jpg
作ったガレージキット2つめ、たかひろさん(Twitter: @lapin_lxl)のらびたんクエスト版のつくもたんです。少々気泡や欠けはありましたが、比較的作りやすかったガレキです。スカート部分とかが薄くてさすがに怖くて後ろから瞬着と補修パウダーで補強しています。薄い部品が結構多かったので、作るときは部品を割りはしないかとかなりビクビクしてました。あと、その割に九の髪飾りがなぜか分厚くて、耐水ヤスリでごしごし薄くしたのが面倒くさかったぐらいかな?
というわけで適当に写真を。
b4609.jpgb4610.jpgb4611.jpg
b4612.jpgb4613.jpgb4616.jpg

b4615.jpgb4614.jpg
ねんどろマミさんとのサイズ比較。
b4617.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

WF ガレージキット その1 ヨシノ&アイロ WUG ZOO

夏のWFで買った積んでたガレージキット3つをやっと崩したので適当にアップ。
まず、Rapidrivさん(http://www.rapidriv.net/)のWake Up Girls ZOOからヨシノとアイリのキットです。カラーレジンなので組めば完成、、、というわけではなく、手流しのキットなのでちょっと気泡や欠けが酷かったので、瞬着とパウダーで補修して塗装しなおしてます。ここまで酷いと、普通にホワイトレジンで作ってあった方がよかったような・・・
ヨシノとアイリは口から咥える感じで繋がる感じにはなってます。接着剤でくっつけようかなと思いつつも、一応ヨシノは首が可動するようになっているので、ポーズ替えするときのためにくっつけないで足のところでひっつき虫で仮止めして済ませてます
キットには水デカールがついてましたのでこちらを利用。ただ、白デカールと実際のアイデカールを重ねて貼り付ける必要があるので、デカールを台紙から切り離すときにはうまく重なるように切り取るよう、かなり注意が必要です。あと白デカールはかなり丈夫ですが、アイデカールは弱いので貼り付けるときは気を抜かないようにしましょう。
というわけで適当に写真など。
b4619.jpgb4620.jpg
b4621.jpgb4622.jpg
ねんどろマミさんとのサイズ比較。
b4623.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア