2014年09月09日

アゾン 1/3ドール 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子

b4199.jpg
やっと届きました。というわけでレビューなど。
b4200.jpgb4201.jpgb4202.jpg
サンプルの時からウィッグが盛りすぎという感じでしたが、許容範囲に収まっていると思います。ただ、前髪は一応セットはされているんですが、ちょっとちゃんとセットしないとぱっつん気味になっていまうでしょうか。あと、素体の問題ではありますが、ちょっと首長っぽく見えるのが強調されてしまいますね。
b4203.jpgb4204.jpgb4205.jpg
髪のリボンは元々成形されていたものを虫ピンで留める形になります。結んでいる場所の裏を通して挿す形にしておくと、うまくいくのではないかとは思います。
b4206.jpg
ソウルジェムはいつも通り両面テープ止めですが、胸の間は結構くぼみになってますので止まりにくいので、自分はひっつき虫をつけて止めてます。
b4207.jpg
ブーツも同様にソフビ製ですが、説明書通りにそのまま足を入れるのはかなり難しいです。これについては、説明書を無視して下足の内部フレームごと抜いて足首を抜いた状態でブーツにはめる方法をとった方がいいと思います。昔、このタイプのブーツではそらのおとしもののニンフがありましたが、それはこの足首を抜く方法になっており、なぜか今回はそれより困難な方法です。靴の返し部分は円柱形状の別部品となっていて、足を通してひっくり返す感じでつけます。
b4208.jpgb4209.jpg
アームカバーはストレッチ生地と1セットに縫いつけられていて、面ファスナーで止める形です。
b4210.jpg
残りのスカート、ワンピースなどは別々に着せる形ですが、ワンピースはかなりきつめなので、ヘッドを外して着せ付ける必要があります。
b4211.jpg
槍は先端と柄に先端と柄を付ける部分と一番下に当たる部分の4つの構成ですが、先端と柄を繋げる部分で先端方向の部分が接合部が短くて、セットに瞬間接着剤がついていて、それで接着する形です。が、あまりにそこが短いのでちょっとそれだけだと怖いです。そんなわけで、自分は1mmの真鍮線を使って補助接合しています。
b4212.jpgb4213.jpg
もうちょっとここらへんはなんとかならなかったかと思いますね・・・
それを除けば、軽い構造になっていて片手でも持てるようになっており、ポーズもいろいろと取りやすいものとなっています。
b4214.jpgb4215.jpg
そんなわけで、あとは適当に写真など。やっぱり、杏子ちゃんは食べ物と一緒に撮るのが一番ですw あと、さやかちゃんとのツーショットも。
b4216.jpgb4217.jpg
b4221.jpgb4222.jpgb4219.jpg
b4218.jpgb4222.jpgb4224.jpg
b4223.jpgb4225.jpgb4220.jpg
b4226.jpgb4227.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2014年08月24日

アゾン 1/3 ドール 魔法少女まどか☆マギカ 暁美ほむら メガネ Ver.

b4142.jpg
そんなわけで、買いました。ラジオ会館の新装オープン日に地元始発で出発の現地で朝の6時から並んでいましたよ・・・。なにしろ先着順だったものですから、もうオープニングの入場から大混乱で、えらいことになってました。
b4143.jpg
なんとか買えましたが、ここまでやって買えなかったら泣いてましたw そんなわけで、久しぶりにレビューなど。
b4146.jpgb4144.jpgb4145.jpg
通常版との違いはヘッド、ウィッグ、メガネの付属、あとは髪飾りです。ヘッドは、最初さやかちゃんの流用かと思いましたが、よーく見ると鼻筋とアイホール近辺の造形が微妙に異なるみたいなので、ちゃんと新造したっぽいです。その割に、受注なしで販売ってのがアレですが・・・。実はWFで制服版でも出すんじゃないかと思っていたのですが、そういうこともなかったです。
b4147.jpgb4148.jpgb4149.jpgb4150.jpg
ウィッグは普通の三つ編みですが、すごく壊れやすいです。ちょっといじっていただけで、ぼろぼろ崩れます。これはそのうち編み直さないとダメですね。自分は、他のウィッグで散々三つ編みやっていたんで、もう目をつぶっていても編めるレベルだったりしますからいいのですがw、普通の人は結構きついですね、これ。掲載写真も、もう結構崩れてしまっているのでなかなか見苦しいです。代替の三つ編みウィッグも探した方がよさそうです。
b4151.jpg
髪飾りは透明なゴムで結んでありますので、あとからウィッグに付けます。適当に髪先に紙を巻いた状態で飾りを付けたあとに紙を抜くという手順でやると、バラける髪が邪魔になることなく、すんなりつけることができます。
b4152.jpg
メガネもちゃんとしたものっぽいですが、色が成形色でなく塗装されているものなので、ずっとかけていると色移りが怖いです。あと、メガネのつるの幅がヘッドより大きいので、普通にかけるとすぐにヘッドからずり落ちます。そんなわけで、つるの端に両面テープを貼っておくと、サイズの面と粘着力できちんとずり落ちないようになります。
衣装は通常ほむらと同じなんで、夏ですので浴衣を着せました。色々とアゾンで小物を買ったり、家具を整備したので、それらを活用しつつ適当に撮影です。全員そろえばPMHQができるのはいいんですが、これが秋葉原のみで数量限定発売されたってのがさすがにちょっと・・・。ちゃんとTBS別注版とかでもよかったので、欲しい人が全員買えるようにして欲しかったです。というわけで、制服版の方を是非希望ということで。
b4153.jpgb4154.jpgb4156.jpg
b4158.jpgb4160.jpgb4161.jpgb4155.jpg
b4162.jpgb4159.jpgb4157.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2014年06月08日

Tokyo Libido リビドール

b4126.jpg
というわけで、WFで予約していたのが届きました。が、胸パーツが違う物がついて届いてましたが・・・。
そもそも、メーカーがアダルトグッズを販売していた延長でドールを作りましたって感じですので、用途も実用向けw可能とかいうものです(どういう意味かはメーカーサイトで)。普通の構造でしたら買わないところですが、関節がマグネット接続という斬新すぎる構造になっているので、モノは試しと買ってみた感じです。まぁ、マグネット式になっているのは、アレを仕込むために、内部骨格をなくしたかったということなんでしょうけど・・・。
ちなみに、パッケージはこんな感じです。
b4112.jpg
WF購入ですと、セット以外のヘッドがおまけでもらえたので、笑顔系のを選択。アイは4月発送予定が延びたことに対するお詫びの品でした。この時点で、他のドールメーカーと全然違うわけですが・・・。パッケージを開けるとバラバラに素体が入っています。
b4113.jpg
ヘッドは二重構造で、アイを裏側にあるカバーにはめ込んで、さらにヘッドに仕込むというものですが、一応使いやすさを考えて作ったモノみたいですが、アイの視線変更もできませんし、そんなに取り付けやすいとも思わなかったので、正直失敗の気が・・・。結局うちでは引っ付き虫でくっつけてます。でも、アイホールがいろいろ残念なので、あとでアイサイザーで整えないとだめそうです。
b4114.jpg
ヘッドもマグネットが入っていますが、投げやりにwビニール袋に磁石を入れて、それをヘッドに放り込んで二をしめるという感じです。
b4115.jpg
素体の大きさはこんな感じです。写真は左から、MDD、オビツ50(AZO2)、Libidoll、DDS、DDです。サイズはDDSとオビツ50の中間という感じですが、腕の長さはDD/DDS,ボディのウェストはSDサイズに近い感じですので、どちらかというと60サイズ用の服が使える素体になります。
b4116.jpg
素体をぐるっとまわすとこんな感じです。素体はほかのメーカーにくらべてかなり外皮が硬い感じがします。それと、「この状態での」結構関節の稼動範囲は狭いです。マグネットにしようが、そもそも曲がる方向に外皮が干渉して、曲がる角度が限られるという問題が解消されるわけではありませんので。
b4117.jpgb4119.jpgb4120.jpg
気がついたのは左腕の端の切り方が関節の曲がる方向と逆にきってあることですが、これは不良品なのか、元々こういう感じなのかが不明です・・。あとで問い合わせますが・・。
b4118.jpg
ひざ関節には磁石が入っており、すねをうける形になりますが、ひざ関節の形状が微妙に狭く、きちんとはまりません。これも、元々そうなのか不良なのかがよくわかりませんが・・・。
b4121.jpgb4122.jpg
こういうこともありますので、基本的に素体を立てる方向でポーズをとらせるのは、結構微妙です。きちんと腰が据わった感じで立たせるのが難しいです。細かい部分の工作精度がだめなので、作りたいものはわかるけど、技術がついていっていない、って感じでしょうか。
ヘッドはアイホールが少々ガタガタなのでちょっと微妙です。もうちょっとなんとかならなかったのかな、という感じがしますが。ちなみにヘッドサイズは23cmですから、SDののぐらいの巨頭で、ブライスに近いです。手持ちのSD用ウィッグでもだめなものがあるぐらいでした。
b4123.jpg
などとダラダラと微妙っぽく書いてますが、まぁ初めてドールを作るメーカーなのと、結局はアダルトグッズメーカーなんでこんなもんなのかな、と。オビツやボークスレベルの品質を期待するほうが無理がありますので。
ただ、ソックスをはかせて、長袖の服を着せる場合、このマグネット関節の威力がでてきます。関節をあえて脱臼させてあげることで、いままでのドール素体ではありえないポーズをとらせることが可能です。普通のドール素体で関節抜けなどするとどうにもなりませんが、マグネットの場合きちんと関節間のつながりがそれなりに取れている状態なので、普通にポーズをとることができます。そんなわけで、この素体を使う場合、今までの常識をひっくり返して考えて使うと、さまざまな可能性がでてきます。
普通にポーズをとるとこんな感じです。服はSD用の服を着せています。ちなみに服についているアクセサリーは金属なのですが、思いっきり磁石にくっつくので、ちゃんと離さないと肩関節のほうにアクセサリーがくっついてしまいます。この影響は想定外でしたw
b4125.jpgb4124.jpgb4127.jpg

ここからがちょっと違います。腕を体に密着させるところまで曲げられます。実際には脱臼していますがそれを感じさせず、自然なポーズをつけることが可能です。このようなポーズはオビツでもボークスでもとることは内部骨格系素体では不可能です(糸引き型の骨格のない素体ですと、糸をゆるめておけばできますが)。
b4128.jpgb4129.jpg
b4130.jpgb4131.jpg
ちょっとえっちっぽく寝かせて。ここらへんの手のポーズや足のポーズもできそうでできないのが普通の素体です。
b4132.jpgb4133.jpg
b4134.jpgb4135.jpg
買ってみて最初は失敗したかなーと思いましたが、ポーズをとり始めて、これは意外に使えるかも?、と思いました。細かいところはだめですが、特性を理解して使う分にはかなりよいと思いますので、制限があるので積極的には薦めませんが、興味のあって、お金に余裕のある方は試してみるとよいかと思います。
posted by もろぼし☆らむ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2014年06月03日

アゾン 1/3ドール 僕は友達が少ないNEXT 三日月 夜空

結構前に買ってましたが、そのままレビューもせずにおいていたものです。というか、そういうのが結構多かったりしますが・・w 春にゆいちゃんと一緒に近所の多摩川へ持って行って撮影して、そのままアップせずにいたのですが、いくらか某所と某所にアップしたら比較的評判よかったので、もったいないので掲載しておきます。ちなみに他にも去年の秋に撮ったものとか、いろいろブログ未掲載写真があったりはします。
夜空ちゃんを含め、このはがないシリーズのドールはなかなか合うウィッグがありません。今回はMiruyaさんのDD用ウィッグを使っていますが、個人的には一番これがお気に入りでしょうかね。付属ウィッグはボーイッシュですが、正直ヘッドにはロングの方が合うとは思います。服はアゾンのアリス服です。ちなみに、この服、ゆいちゃんも着れますが、いろいろ凄いことになります。
というわけで、今回はレビュー少なめ、写真多めで。
b4093.jpgb4094.jpg
b4096.jpgb4097.jpgb4098.jpg
b4099.jpgb4100.jpgb4101.jpg
b4102.jpgb4103.jpgb4104.jpg
b4105.jpgb4106.jpgb4107.jpg
b4108.jpgb4109.jpgb4110.jpg
b4111.jpgb4095.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ドール

2014年05月25日

衣替えで、マミ杏ふたたび 改

熱心なまどマギファンなら違うぞーと思っていたでしょうが、杏子ちゃんのアームカバーが設定とおかしかったのでした。わかってはいましたが、ちょうどいいものがなくて、買ったコスプレ衣装の付属品を使っていましたが、昨日近所のダイソーでいい感じのアームカバーをみつけてきたので交換。長さもバッチリですっかり満足です。等身大ですと、そこらの店で簡単にこういうものが破格の値段で見つかるのがいいですね。
b4092.jpg
そういえば、昨日はドルパアフターでしたが結局特に今回はどうしても欲しいというものもなかったので、店舗に行かず部屋の掃除や洗濯の合間に適当にWeb販売の服をポチっただけで終わってしまいました。まぁ、次回に期待でしょうか。
posted by もろぼし☆らむ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール