2020年06月21日

バンダイ SPIRITS Figure-rise LABO ラブライブ! 南ことり

b5010.jpg
先日レビューした初音ミクの流れで、こちらも購入しました。初音ミクの場合は髪の毛の部分が透明の多層レイヤーなのがウリでしたが、このプラモでは衣装の透明部分に虹色に光る色々な技術が投入されているウリの部分のようです。
b5018.jpg
といっても、衣装のごく一部だけだけなので、イマイチよくわかりませんw そんなわけで、やっぱりあまりみんなの心を惹かなかったせいか、すんなり手に入りました。
 今回も組み立て方針としては、「お手軽に手早く仕上げ、彩色して見栄えのよいものを完成させる」というものです。基本的に見栄えがいいかどうかは、大体のところ目がいくお肌と髪の毛で決まるので、そちらはちゃんと対応しますが、今回のプラモの売りの透明部分を考えますと、何の工夫もない衣装に色々手を入れてバランスを取りたいところです。
 なお、今回は初音ミクと違ってお顔は特に手をいれなくてもかわいかったので、ほかの質感を合わせるための艶消しを軽く吹いたぐらいです。開口なのでちゃんとインジェクションで表現できているのがいいのでしょうね。
 ということで、衣装部分に色々と手を加えて見栄えよくすることにします。
 まず肌色部分ですが初音ミクと同様にベースは成型色で、シャドウはクレオスの新しい肌色系塗料のラスキウスのクリアーペールレッド、ハイライトは同シリーズのクリアーホワイトのみです。さらにオーバーコートでスムースクリアーつや消しを吹きます。
 髪の毛もシャドウとハイライトをエアブラシで吹きます。シャドウの色の調色は、組み立て説明書に書いてある髪の毛のレシピに黒を少し混ぜて暗めにしています。
 衣装部分に手を加えるのは大別して大きなリボンやスカートやコルセットと、下着や胸や首の部分の刺繍レース状の部分です。スカート部分などはまとめてそれぞれのベース色に準じたパールをエアブラシで吹いていきます。主にこちらはクレオスのMr.クリスタルカラーのパールの各色ですね。パープルならばアメジストパープルとかそんな感じです。
b5014.jpg
 刺繍部分は筆塗りで、こちらもムーンストーンパールを入れていきます。こうしていったあとに、スムースクリアーつや消しを全般にふいて落ち着かせます。
 そうすることで、キラキラして派手なアイドル衣装っぽくなります。
b5035.jpg
 そのほかは、王冠のアクセサリーなどゴールドの部品は成型色でゴールドですがムラがあるので、別途ゴールドで塗装したあとに、水性クリアーでオーバーコードしました。
b5017.jpgb5016.jpg
 あとは足のリボン部分はシールが付属していてそれを貼ればいいことになっていますが、やっぱり質感の違いがでてしまうので、ピンクを調色してリボン部分に筆塗りで塗装して済ませています。
b5020.jpgb5036.jpg
 風船についてはどうも独自の成型になってるっぽくて、かなり艶のある感じでしたので、塗装すると質感が失われそうなのでそのままです。ちなみに風船は手と髪飾りにダボがあるので、それにくっつける形です。
b5023.jpgb5022.jpg
 組み立てはこんな感じですが、そこそこ部品が多かったので実質組み立て開始から完成まで3~4日程度の時間でしたので、ミクよりは手間はかかりますね。
 そんなわけで完成写真など。
 ちなみに腰のところで分割できるので、スカートをはずして下着というかアンダースコートの状態で飾ることも可能です。一応ちゃんと下着部分も刺繍の造形が入っていますので、ちゃんとパールなどをいれてあげれば見栄えよく飾ることも可能です。といっても、やっぱりスカートないと変ですけどネ。
b5010.jpgb5011.jpgb5012.jpg
b5013.jpgb5024.jpgb5032.jpg
b5025.jpgb5034.jpg
b5026.jpgb5027.jpg
b5029.jpgb5028.jpg
b5030.jpgb5031.jpgb5033.jpg

posted by もろぼし☆らむ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187620652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック