2019年10月26日

WFガレージキット ヒトミ先生の保健室 ヒトミ先生

b4881.jpg
マミさんと同様に前々回のWFで購入したキット3つのうち、2つめです。作者は生首はね太郎様(Twitter: @rust028)。メカ娘含め、人外ネタは結構好きなんで、単眼キャラのガレージキットは珍しいので購入。まぁ、珍しいというのは単眼キャラ自体が人を選びますしねぇ。
 パーツ数が少ないから結構簡単にできるかな?っと思ってたら意外に結構大変でした。スカートと白衣は2分割パーツで完全に割ってるだけなので、普通に塗った後に接合しようかなと思ってたら、大型部品なだけにひずみも大きく、合わせ目も合わなかったりで即諦め。
b4882.jpg
 そんなわけで、スカートも白衣も熱湯につけて極力ひずみを直したあとに、真鍮棒とエポキシ接着剤を使って、分割されている部品をそれぞれ結合後、削ったりエポキシパテで盛ったりでくっつけたあとに、下地処理しました。そうして、最初から一体パーツ部品に見えるレベルまで修正しました。
b4883.jpgb4884.jpg
 あと結構こまったのは上着のフリルのところの周辺部分の部品がどこであうのかがよくわからなかったことです。特に胸とフリルのところが合わないので、結局エポパテですき間を埋める処理をしています(左胸上と両胸の合わさる部分)。どうしても胸と合わさる部分はすき間があると目立つので、かなり面倒くさい作業ではありますが、対応しています(目立たなければ無理して直さないんですけどね…)
b4885.jpgb4886.jpg
 最終的に本体とフリル部品がちゃんと合わないので最終的にエポキシ接着剤で合うように止めたつもりが、微妙に硬化時にずれてフリルと本体にすき間が大きめに開いてしまいました、、、。もう硬化して修正不能なんで、しょうがなくそのままにしてます。まぁ言われないとわからない程度のすき間だとは思いますが、正面のフリルがY字に交わる部分のすき間が開きすぎたので、あとからエポパテで埋めて筆塗り塗装して復活させてます。硬化させるときに太いゴムできちんと固定しなかったのが敗因ですね。
b4887.jpgb4888.jpgb4889.jpg
 など色々苦労して完成。
 一応単行本4巻表紙がもとになっているようなので、それをベースに塗装しました。目の虹彩もそちらに合わせて塗装しています。パンツは保健室の先生なら黒でしょ(偏見)ということで黒で塗装ですw
b4890.jpg
 頬の赤みはマミさんのときは久しぶりのガレキ作成だったのでパステルを使いましたが、エアブラシの方が自然に見えるので、今回はもう塗装も慣れたのでエアブラシでつけています。白いハイライトはリキテックスで載せています。目の虹彩も同様にリキテックスです。
b4891.jpg
 そんなわけで、完成写真を色々と。
b4892.jpgb4893.jpg
b4894.jpgb4895.jpg
b4896.jpgb4897.jpgb4898.jpg
b4899.jpgb4900.jpgb4901.jpg
b4902.jpgb4903.jpgb4904.jpg
b4906.jpgb4908.jpg
b4905.jpgb4907.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186729649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック