2020年10月25日

ボークス マジカルミライ ドールハッピ改造Tシャツの作成

b5149.jpg
去年のマジカルミライのときにボークスが売っていたドール用ハッピですが、どちらかというとイベントものっぽくて、着せた後は元の袋にしまい込んでいました。といっても、やっぱりもったいないので、Tシャツっぽく改造して使いまわすことにしたので、メモっぽく書いておきます。
b5150.jpgb5151.jpgb5152.jpg
最初はハッピの襟を削除してして使えるかなーと安易に思っていました。
ところがフルカラー印刷したサテン生地なので、綿生地でないために堅いのでそれだけだと着せると肩の部分がガタガタになって見栄えが滅茶苦茶悪いので、結局ほぼ服をバラして生地再利用で作る羽目になりました。
そんなわけで適当に手順解説など。
要注意:作業前に爪を爪切りやヤスリで整えておいたほうがいいです。生地に爪をひっかけると織ずれがでて生地に線が入りやすいです。
リッパーを使って襟などを全部バラバラにします。なお、端処理はロックミシンにはなっていますので、こちらも同様にリッパーを使って一気にはがします。
b5153.jpgb5154.jpg
b5155.jpgb5156.jpg
b5157.jpgb5158.jpg
最初は裾はそのまま流用しようかと思いましたが、裾を黒上糸、白を下糸で縫ってあるので、裏表を変えると後ろが白ベースの背景になっているので黒糸が目立つので、こちらもバラしました。
ばらしたあとにマチ針で固定して、袖を本体から分離するために切ります。このために切り離し線を描きますが、肩上の仕上がり線は着せるドールの肩幅に合わせておきます(DDだと2.5cmぐらい)。なお、裏表を変えて襟を外すと後ろ側の布が足りないので左右を引っ張る形になるので、身頃側の腰側の線は外よりにあえてしています。
b5159.jpgb5160.jpg
切り離し後に袖をつけなおします。これを行うことで腕を下に下げた状態でも、肩のラインはおかしくならなくなります。
b5161.jpgb5162.jpg
袖をつけた後にロックミシンで端処理したあと、袖下から腋下まで縫って結合し、ロックミシンで端処理して、あとは残り部分をロックミシンで端処理後にアイロンで端を折って縫い込みます(ここらへんは普通の服を作るのと同じ)。
b5163.jpg
あとは背中にドール用の面ファスナーをつけて完成。背中の首下があまりよくないですけど、まぁ後ろからみるとこはあまりないので・・。気になる方は後ろ身頃に布を足して引っ張らなくても付くようにすればよいかと思います。その場合は袖付けする部分の型紙を普通の服と同じラインにする調整が必要です。
b5164.jpg
ハッピは安いですから失敗してもまぁダメージは少ないと思いますので、たんすの肥やしにしている方は試してみてはいかがでしょうか。
b5165.jpgb5166.jpg
b5167.jpgb5168.jpg
続きを読む
posted by もろぼし☆らむ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2020年10月18日

乙姫ドール & けものひめ用 浴衣の作成 (型紙データつき)

b5136.jpg
先日のブログで書いたとおり乙姫を買って服をいくつかつくっていたのですが、結構同じ型紙をちょっと調整するだけででけものひめの服も作れることに気が付きましたので、なるべく共通になるように夏に浴衣を作りました。すっかり季節は秋から冬に移行中で季節外れになっていますが、来年向けに参考になれば。
b5137.jpgb5138.jpg
腰巻スカート以外は共通ですが、袖口は寧々ちゃんに合わせて大きめにしているので、乙姫専用に見栄えよくするには小さくした方がいいかもしれません。
作り方は以下のような感じ。

1.上半身分2枚の肩のタックを縫う(わかりにくいので写真↓)
b5147.jpg
2.2枚を後身頃で中表で縫ってつなげる
3.横の裾を端処理する
4. 襟をつける
5.袖口を処理後、袖を中表で縫う
6. 袖と本体側を縫い付ける(和服は開き袖で特殊なので縫い方例)
b5148.jpg
7.裾の下の端処理をする

巻きスカートは端処理してひもをつけるだけですが、けものひめ用のみ上部をギャザーで縮めて下は100cm以上に広げるようにします。ギャザーで縮めるので、上部はベルト状に布で閉じてしまいます。
まぁ、ざっくりこんな感じですが、基本的に作り方は人間の浴衣の作り方と変わらないので、そちらを参照した方がいいでしょう。

トップス 
(手書きの型紙を写真に撮って作っているのできたなくてすみません)
b5144.jpg
巻きスカート
b5146.png
b5145.png

完成写真(トップス)
b5139.jpgb5140.jpg
完成写真(乙姫用巻スカート)
b5142.jpg
完成写真(けものひめ用巻スカート)
b5141.jpg
完成写真(帯(赤:乙姫、けものひめ兼用)、黄:乙姫専用))
b5143.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2020年10月11日

パラボックス PARABOX 乙姫 レビュー 洋服編(+けものひめ おまけ編)

b5113.jpg
最初のレビューで2つほど服を作ったことを書きましたが、作ったのはパジャマとワンピースです。
ワンピース: http://otocolle.jp/kata_dress.html
パジャマセット: http://otocolle.jp/kata_pajamas.html
型紙データはパラボックスからPDFとJPEGでリリースされていますが、印刷するときはPDFだと一部おかしなページがあって印刷が面倒なので、JPEGを使った方がいいかもしれません。
型紙には大きさの基準になる5cmの線があるので、それがうまく5cmになるように印刷倍率をいじってあげるとよいかと思います。Photoshopなどですと、解像度を弄って情報ウィンドウを長さ表示にして矩形範囲指定を使って基準線が5cmを指すようにしてあげるとよいかと思います。
作り方は結構丁寧にわかりやすく説明されていて、ほぼその通りに作れば完成しますので、初心者の方にもおすすめです。
そんなわけで、型紙を使って作ったパジャマを着せたものがこんな感じです。布はユザワヤで買ってきたもので、セール品で結構安かったけどもかわいかったので購入(たしか500円/mぐらいだったような)。
b5114.jpgb5115.jpgb5116.jpg
またワンピースはこんな感じ。全円のスカートできれいに広がります。結構自分でアレンジして、元の型紙では胸にレースをつけるようになっていたりと、お姫様感満載なデザインなのですが、なんとなくクドく感じたのでもうちょっと普通っぽくしています。またワンポイントで、星形のスワロフスキーのペンダントをつけました。
b5117.jpgb5118.jpgb5119.jpg
ところでこのワンピースですが、けものひめの寧々ちゃんも着れます。これは、袖に余裕があることと、袖口にゴムを入れてあるので、広げると余裕があるので着れるんですね。腰回りもそこそこ型紙に余裕があったのと、あと鬼門の下半身部分が全円スカートで、寧々ちゃんのむっちり太ももでも問題ないというのが大きい理由です。ちなみに全円スカート部分は伸ばすと円周1.5mぐらいになりますが、寧々ちゃんは太もも部分の回りを図ると最低90cmはないとダメなので、1.5mはかなり余裕があります。
b5120.jpgb5121.jpgb5122.jpg
ただ、着れると言ってもちょっとウェストがきついので、もし両対応を最初から考えるなら、ウェスト回りを前身頃、後身頃で各1〜2cmぐらい余裕を持たせるのがいいかもしれません。腰回りのリボンは、乙姫ちゃんぎりぎりで作ってしまったので、うまくつけられなかったので写真ではつけていません。
けものひめの服で難儀している人は、乙姫の服を試してみてもいいかもしれませんが、前述のように色々制限はあるので、そこそこ賭けにはなります。公式服にみたところ、けものひめで着れそうなものは散見されますので、チャレンジしてもいいかもしれません。
そんなわけで適当に写真など。
b5122.jpgb5123.jpgb5124.jpg
b5126.jpgb5127.jpgb5129.jpg
b5128.jpgb5125.jpgb5130.jpg
b5131.jpgb5132.jpgb5133.jpg
b5134.jpgb5135.jpgb5113.jpg


posted by もろぼし☆らむ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2020年10月03日

魔法少女まどかマギカ外伝 マギアレコード アゾン 巴マミ 水着Ver. カスタム

b5082.jpg
自分が唯一やっているソシャゲのマギレコで夏に限定ガチャで出ていたマミさんの水着Ver.のカスタムです。2年前は水着だけ配布されていて、こちらも服を作っていますが、今回も作りました(義務)。
前回は普通の水着だけだったので、出来は別としてすぐに完成させられましたが、今回はアクセサリーてんこ盛りの布もてんこ盛りなので、完成までなんだかんだで2週間ぐらいかけてしまいました(夏休みはほぼこれに費やしてしまいました・・)。
あと資料がほぼないので、変身動画とかをコマ送りで見ながら、細部は調べて作っています。

というわけで、役に立つかどうかはわかりませんが、簡単に各部の解説です。なお、胸部品はAngelPhiliaのC3胸に変更しています。

ウィッグ
水着バージョンのマミさんはカールツインテールではないので、カスタムでシングルテールのを作りました、ベースはアゾンのセミロングウィッグで、これをカットして作っています。左側のカール部分はボークスのドールヘアセット用の道具でドライヤーで形状を固定して、ワックスで整えています。
b5083.jpg
金属バンド、パネル
首と臀部、手首、足首のバンドやパネルは1mm厚のアルミ板を買ってきて、これを電動サーキュラーソーを使って大まかに切断後、万力に固定してヤスリで削って仕上げています。アルミ板は超硬歯で切っていますが、この場合は油を切断部に十分に入れて切らないと事故になるので要注意です。
b5084.jpgb5085.jpg
アクセサリー
緑の涙状の宝石は、胸の大きい宝石はイメージ通りの色のチェコガラスのビーズがあったので、それを使いました。手首や足首などのは緑色で適当な大きさのものがなかったので、無色のチェコガラスビーズをクリアグリーンのラッカーで塗装して使っています。
花の造形物は胸のものは花状の真鍮台座にスワロフスキーをつけたものです。腰についているものも同様ですが、外側の花弁はオレンジのカラーUVレジンで埋めています。
腰回りの葉っぱの飾りはシルバーチェーンに葉っぱ状のメタルパーツをステンレスワイヤーで巻き付けて、エポキシ接着剤で固定しています。
b5086.jpgb5088.jpg
b5098.jpg
髪飾り
これも花状の真鍮台座に真鍮の1mmぐらいの玉をエポキシ樹脂でつけて雄蕊部分を形成しています。これに腰巻スカート同様に裏地用のポリエステル生地で端を巻きロックで処理します。金色部分はバイアステープです。これらを真鍮線と一緒に糸で取り付けて、髪のくるくるの根元に刺せるようにしています。
b5089.jpgb5090.jpgb5096.jpg
水着部
近所や立川のユザワヤでストレッチの白の生地が見当たらなかったので、西松屋でセールで売っていた799円の女児用の白の水着の生地を流用して作っています。バストは端を巻きロックで処理して上下は上は金属パネルに取りつけ用の金具をつけてそれに縫い付けて、下側はアンダーバストに巻いてある茶色の生地に縫い付けています。この茶色の生地は、シーチング生地にゴールドの幅10mmのバイアステープを縫い付けた後、上部にギャザーを入れています。下の写真のものは、一度作ってサイズが大きすぎの失敗品。
b5091.jpgb5092.jpg
b5093.jpgb5084.jpg
スカート
白サテン生地に10mm幅ゴールドのバイアステープをつけて、タックつけをするアダプターを使ってミシンで縫った後に、白バイアステープで残りの片側を処理しています。
パレオっぽい腰巻スカートっぽい何か(ぉ
本当は薄く柔らかいオーガンジーが手に入ればよかったのですが、近所に置いてなかったので裏地用の極薄ポリエステル生地を使っています。端は水着部分と同様のバイアステープで入れて、ちょっと上にある金色の模様は、布用の金色のペンで直接描いています。
b5099.jpg
リストカバー、レッグカバー
茶色部分の布は髪飾りなど同様に裏地用ポリエステル生地です。端は巻きロックで処理して、面ファスナーと取り付けてつけ外しできるようにしています。ただ、これはストレッチが効かない布なので、フィット感があまり出ていません。でもドール服に使える薄くて伸びる生地なんて、ほとんど手に入らないいですけどね・・。なお布端はロックミシンではなくほつれ止めを塗布して対応しています。
金色ライン部分は巻きスカートと同様に布ペンで色を付けています。足のバンドについている葉っぱのメタルパーツはダイソーで買ってきたものをステンレスワイヤーでしめたあと後、エポキシ接着剤で固定しています。あと白い布が巻いてありますが、ここらへんはあまり設定とあっていません。作るのがかなり困難っぽかったので、それっぽく見える感じで妥協しました。
b5100.jpgb5087.jpg
パーカー
パーカーはオレンジの薄いシーチング生地で作っています。ただ、元の水着マミさんのイラストはフードから襟回りが完全に二次元の嘘で構成されていて、服としてありえない構造になっているので、しょうがなくそれっぽく見えるようにだけ作っています。
具体的にはフードの裏が茶色の生地になっていますが、これが首下にいくときに消失してしまっているところです。そのため、フード裏から襟にかけて中表で茶色の生地を縫い付けて対応しています。
パーカーの2段フリルの端は白バイアステープで処理して、模様は白の布ペンで手描きで済ませています。
パーカーの後ろにはリボンが付いていますが、これも謎構造でリボン結びの端が4本出ているので、とりあえずそれっぽく作ってます。
b5094.jpgb5095.jpg
アームカバー
二の腕のカバーはイラスト的にはバフが入っていますので、一応入れているつもりですがうまく入っていない感じです。多分、布が厚過ぎるのが問題だとは思いますが・・。肩側の方にはゴムのシャーリングテープを入れてそれでジャギーを入れる形にしていますが、それもよくないのかもしれません。
b5097.jpg

ちなみに大体スカートやバスト下のフリル等から金属部品まで、いろいろと作った後に仮つけしてサイズがイメージに微妙に合わなくて1度は作り直すなどしていたので、なかなかたいへんでした。型紙起こすときは、巻き尺で測ったり、トレーシングペーパーで形状をとったりするのですが、今回みたいな水着のようなタイトな服だと、ちょっとのずれでも違和感が酷いためです。
あとは、バスト部分はまだストレッチが効く服を作りなれていないので、まだまだ手探りです。今回は片方向に伸びるものを使ったのですが、縦方向の張りがいまいちうまく取れなかったのが残念。伸び留めのテープでも使った方が良かったのかなぁとか考えてしまいます。まぁ、色々研究しながら進めるしかないですね。
そんなわけで、あとは適当に写真など。

b5101.jpgb5102.jpgb5103.jpg
b5104.jpgb5105.jpgb5106.jpg
b5107.jpgb5108.jpgb5109.jpg
b5110.jpgb5111.jpgb5082.jpg
b5112.jpg



posted by もろぼし☆らむ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール