2017年01月30日

オビツ150 カスタムメイクヘッドの作成

b4770.jpg
そんなわけで、やっとメイクしました。1/3のヘッドだと大体1日もあれば作れるのですが、1/1になると塗る面積が9倍になるのと、輪郭は筆塗りで大丈夫なんですが、虹彩などはマスキングをしつつのエアブラシ塗装をしないと塗ったところがいびつになったり、グラデがきちんとでなかったりで、仕事から帰ってきたあとに作業していた関係上、1週間がかりになってしまいました。
使った画材はMrカラーのみです。まず、肌色の水性ペンでカンタンにアタリを付けたあとに輪郭を描きます。その後に虹彩部分を輪郭など他の部分をマスキング後、エアブラシ塗装しています。頬の赤みもパステルだと面積が大きいとムラが目立つ可能性が高かったため、エアブラシで付けています。
取り敢えず、開口デザインと閉じ口デザインの2通りで試してみました。まず、開口デザインを試してみましたが、こちらは失敗。やっぱり実際にソフビに穴を開けないと妙な謎絵っぽくなって駄目ですね。そんなわけで、結局閉じ口になおしました。実際の開口は今度のWFで無塗装ヘッドを買えた時にしておきます(売るのかどうかは知りませんが…)。
b4756.jpgb4757.jpg
b4758.jpgb4759.jpg
目は自分が青目スキーなので青目。幼くみせるため、チークは濃い目。口はちょっと大きめにしています。元のオビツ彩色ヘッドと比べるとわかりやすいかも?
手持ちのしまむら服もいいですが、今回は折角の青目なのでそろそろ札幌冬祭りも始まることですし、雪ミクカスタムにしてみました。
b4760.jpgb4761.jpgb4762.jpg
b4763.jpgb4764.jpg
b4765.jpgb4766.jpgb4767.jpg
b4768.jpgb4769.jpgb4771.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

オビツ150 オリエント製ファンタスティック変換ジョイント

去年のWFでオビツ150の無塗装ヘッドを買っていたのですが、もう1年ぐらい経つのに放置していたので、1年経過する前にカスタムメイクをしてみました。
b4749.jpg
ついでに、以前にどっかで聞かれた気がしたので、オリエント製のファンタ系ヘッドをオビツに乗っけるための変換ジョイントをどう作っているかのご紹介。まずは変換ジョイントの話など。
変換ジョイントは別のブロク様で紹介されている塩ビ管を使って作る方法を参考にしています。改良点としては、すべてネジ止めだけで作ってあって、一切接着剤を使っていないことです。そのため、ラフに動かしても劣化はしにくくなっています。また、元のオビツの部品には一切手を加えないので、ファンタヘッドもオビツヘッドも使いたいという場合にもやりやすくなってます。
1.外径Φ18mmの塩ビ管とそれにつけるフタを一つで、かたっぽが塞がった管を作れるようにします。
b4754.jpg
2.そのフタに穴をあけて、ファンタのジョイント受けになるゴム部品をつける外径Φ53mm(内径48mm)のフタ部品にも穴をあけて、それをネジ止めします。
b4755.jpgb4750.jpg
3.さらにΦ18mmの管とフタも接続した状態で一緒に貫通する穴をあけてネジ止めします(ここは接着剤でもいいかも)。あとはΦ18mm管の端に貫通する穴を開けて、オビツのジョイントと接合できるようにします。なお、18mm管だと隙間ができるので、ワッシャーを2つかませておいた方がよいかと思います。
b4751.jpgb4752.jpg
4.ファンタ側のボールジョイントを受けるゴム部品と内径48mmフタとは隙間があるので、パテなどでうめてもいいですがここは単純に外径48mmの塩ビ管の一部を切って余裕をもたせたものを挟み込んでいます。
b4753.jpg
ただ、ファンタとオビツで共用しようとすると、ヘッド側の深さの違いが結構気になるので、ファンタのときは首側のソフビを切りたいところ・・。オビツさんで胸パーツを別売してくれるとありがたいんですけどね。
posted by もろぼし☆らむ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2017年01月17日

今年もよろしくお願いします

いまさらあけましておめでとうもないのでw
レビュー以外はツイッターに流すようになってしまったので、さらにブログを更新しなくなっているのがアレですが。今年も仕事が忙しくなりそうなので、なかなか大きなことはできそうにないですが、もうちょっと新しいことをやっていきたいなぁ、とは思ってます。
b4748.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記