2016年09月15日

ボークス DDS 鏡音リン・DDS 鏡音レン

b4691.jpg
そんなわけで買いました。今回は名古屋ドルパに行けば買える、ということで東京の奥地から名古屋までがんばって行ってきました。名古屋は数十年前に住んでいたことはあるのですが、当然すっかり忘れてるので、半分観光がてらです。
ドルパの帰りには近くのリニア博物館に行ったり、大須周辺を回ったり、味噌カツを食って来たりと、まぁ楽しかったでしょうか? そんなわけで、とりあえずレポなど。まぁ、二体一組みたいなものなので、レポもまとめてやってしまいます。まずはリンちゃんから。
b4692.jpgb4693.jpgb4694.jpgb4695.jpg
b4696.jpg
ヘッドは目はミクよりくりっとしていて感じですごくかわいいです。ウィッグなどもうまく最初からセットされていますから、特に手をかけることはあまりありません。髪飾りはプラスチックパーツですが、髪をはさむのが結構普通にやるとウィッグを痛めたり、髪型を崩す危険性があります。そのため、紙を使って挟み付ける部分を覆ったうえから、髪飾りをセットしたあと、紙を抜いてしまう感じでつけると簡単にうまくつけられるかと思います。
b4697.jpg
大きなリボンはカチューシャにスナップボタンでつける感じですが、これがうまく立たなくて苦労します。
b4698.jpgb4699.jpg
b4700.jpgb4701.jpg
セーラー服っぽい服の襟はスナップ止めです。リボンは糸のループに金具を引っ掛ける感じのものです。服は背中でスナップ止めです。
腕の02のマークは今回もデカールです。ちなみに、リンちゃんとレン君についてるデカールの用紙は同じもので、一枚にリン用、レン用で半々の4つづつ添付されています。ミクはこの倍以上あったのですが、今回はちょっと少な目。
b4702.jpgb4708.jpg
ズボンなどはサテンっぽい光沢があってきれいです。ベルトも質感よくいい感じですね。腕や足のカバーの合皮もいい感じの渋いシルバーでよいものかと思います。腕のカバーにはプラスチックの飾りをはさみますが、これがポーズをとってるとすぐにポロリしてしまうので、なかなかストレスたまります。頭のリボンの立たなさと、これがちょっと残念なところでした。胸のネームプレートはプラスチック部品を縫い付けています。
b4704.jpgb4703.jpg
b4706.jpgb4707.jpgb4709.jpg
b4747.jpg
付属品としては、これ以外にちょっと変わったデザインのマイクついてきます。
b4710.jpg
次はレンくんです。こちらはリンちゃんと違いウィッグが手抜きっぽいです…。基本は自分でセットしないとダメなので、ワックスを用意しておいたほうがよいかと思います。あと、ちょんまげっぽいところが簡単に割れるので、なかなか扱いが面倒です。木工用ボンドを薄めてつけて固めてしまったほうがいいかもしれません。メイクは少年っぽくあっさり目です。釣り目でなかなかかっこいい感じ。
b4715.jpgb4723.jpg
b4711.jpgb4712.jpgb4713.jpgb4714.jpg
 服は基本はリンちゃんと同じ構造です。ズボンのすそのベルトのところが、光る素材じゃないところがちょっと安っぽく感じたり・・・。腕や足のカバーはミクさんの服と同じ素材っぽい、ストレッチっぽい合皮です。ちなみに靴はリンレンとも共通のようです。
b4716.jpgb4717.jpg
b4718.jpgb4719.jpgb4720.jpg
b4721.jpgb4722.jpgb4725.jpg
 レン君は男の子素体ですが、手はそれを意識してかデカハンドです。たしかに男の子は手が大きいですが、ここまででかくはないので普通のハンドでよかった気はします。ちなみに、リンレンでどちらも付属しているハンドは本体に最初からついてる1種類しかないのに注意です。商品サンプルではそれ以外の種類のハンドが写ってたので、最初付属しているものとすっかり勘違いして探し回ってしまいました。ミクは付属でもう一つついてたので、こちだもノーマル手ぐらいつけて欲しかったですね。
b4724.jpgb4726.jpg
 レン君の付属品はキーボードです。見た目かなり凝ってるのでいいのですが、大きな02マークなどある意味レン君専用なので、使いまわしがききずらいのがちょっと微妙ポイントです。
b4727.jpg
 そんなわけでいろいろ写真など。ちなみにルカさんは自分でカスタムして作ったものです(ヘッドはDDH-09)。全員そろうと賑やかしでいいですね。なんだかんだで、ルカさんとレンくんでおねショタっぽい写真を色々撮ってしまいました…。
b4728.jpgb4729.jpgb4730.jpg
b4731.jpgb4732.jpgb4733.jpg
b4734.jpgb4735.jpgb4736.jpg
b4737.jpgb4738.jpgb4739.jpg
b4740.jpgb4741.jpgb4742.jpg
b4743.jpgb4744.jpg
b4745.jpgb4746.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2016年06月12日

WF ガレージキット 魔法少女まどか☆マギカ 水着マミさん キャンパスアート版

冬のWFで唯一購入したマミさんのガレキです。最近はまどマギのガレキを作ってくれるディーラーさんはほとんどいない寂しい状況なので、会場で即買いました。製作はジュネス202さん(Twitter: @kimishin)です。カラーレジンキットでパーツも少ないので比較的カンタンに作ることはできました。
 ただ、左胸だけ別パーツになっていてやっぱりレジンキットの宿命でちゃんとボディと合うわけでないので、逆側からみたときに隙間が気になってしまったのが今回の作って失敗したな、という点。塗装前提なら、最初に左胸を接着してパテ埋めして隙間をなくしてからやればよかったですね…。意外に目立ってしまったので、取り敢えず片側からしか見ないようにすることにする消極的対応です。
 ちなみに髪の毛はボールジョイントっぽい感じになっていますので、ブルタックなどを使って固定しておくと、自由に巻き髪を動かせるのでよいかと思います。
 水着はレジン製で唯一細かいパーツが多いので接着で手間取るかも? 自分はドライヤーで接着位置にぴったりするように紐部品を曲げた後に瞬着で固定しました。たぶん、そういう調整をしたあとでないと難しい気はします。
 水着は一応透け塗装っぽくしたつもりではあるんですが、イマイチよくわかない感じになってしまいました。なかなか難しいですね。
 そんなわけで、完成写真など。
b4674.jpgb4676.jpg

b4675.jpgb4677.jpgb4678.jpg
b4679.jpgb4680.jpg
b4681.jpgb4682.jpg
b4683.jpgb4684.jpgb4685.jpg
b4686.jpgb4687.jpg
b4688.jpgb4689.jpg
b4690.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

2016年05月26日

オビツ製作所 50cmドール ロザリー

b4648.jpg
買いました。受注申し込みしたら二次だったんでちょっと遅くなりましたがレビューなど。
たしか1年以上前のWFでお披露目されていましたが、やっと発売です。まぁ、実際には2ヶ月ぐらい前に発送予定だったのが遅れまくってこんな時期なわけですが・・
b4649.jpgb4650.jpgb4651.jpg
全体はこんな感じ。ゴシック風の衣装で、完全に真っ黒です。たぶん色が移ると思うので、そのうち着せ替えます・・w
ヘアアクセサリー、手袋等、ところどころに黒薔薇がついています。
b4655.jpgb4653.jpg
ヘアアクセサリーはヘアピンで止めます。ウィッグはちょっとヘッドに比べて小さめって感じです。8inchよりちょっと大きい感じなので、7-8inchのウィッグだと入らない可能性が高いです。手持ちのDOLKのウィッグでは無理でした。
姫袖は取り外し可能になっていますので、お好みで。
b4654.jpgb4652.jpg
メイクはわかりにくいですがオープンマウスになっていて、キリリとしながらも気怠い退廃的な雰囲気がよくでていていいんじゃないかと思います。こういうメイクって自分でやろうと思ってもなかなか難しいんですよね。
いままで、こういう雰囲気のあるソフビドールはほとんどなかったと思うので、かなり新鮮です。
b4658.jpgb4659.jpgb4660.jpg
靴にはリボンがついていて、実際には足にクロスする形で巻いて縛りますが、結構難しいので写真では適当になってます。まぁ、黒のソックスに黒のリボンなんでよくわからないからいいか、って感じです。まぁ、さすがに真っ黒服なんで脱がせますしね・・・
b4656.jpgb4657.jpg
ちなみに下着はパンツではなくゴシック風衣装なためか黒のドロワーズになっています。
というわけで、あとは適当に写真など。刀を持ってる写真が多いのは、公式ブログの刀を持った着物ロザリーに影響されてます。
b4661.jpgb4662.jpgb4663.jpg
b4664.jpgb4665.jpgb4666.jpg
b4667.jpgb4668.jpgb4669.jpg
b4670.jpgb4671.jpgb4672.jpgb4673.jpg


posted by もろぼし☆らむ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2016年03月27日

アゾン 1/3 ドール 魔法少女まどか☆マギカ 悪魔ほむら

b4624.jpg
そんなわけで当然買いましたのでレビューなど。
b4625.jpgb4626.jpgb4627.jpg
まずメイクですが、唇のとこがちょっとクドイっぽい感じです。別に普通でよかった気もするんですが・・・。ノーマル、メガほむと並べると、ここまで強調しなくてもよかった気はします。後でメイク直してしまうかも。
b4638.jpgb4636.jpgb4637.jpg
羽はよくドールで使われている本当の鳥の羽でなくて完全PVC製になってます。可動部は根元と羽の中間ぐらいです。どちらもネジ止めされていますが、中間部のねじは表側は隠すためのフタがついてますが裏側はついてません。普通に裏側もついていて欲しかったところですが・・・。どこかのレビューでは根元のネジで固定できないようなことが書いてありましたが、一応ちゃんと締めれば最初の方の写真のように固定はできます。ただ、あまり締め過ぎると可動部分がABSですから割れる可能性がありますので、ほどほどにしておいた方がいいでしょう。
b4628.jpgb4629.jpgb4630.jpg
アウトフィットは合成皮革です。一部メッシュ素材が使われていて、細かい部分を支える形になっています。胸の模様は普通にペイントしてあるだけです。スカートの裏側は模様が入った布がつけられています。
b4633.jpg
ソックスは模様が染めてある形なので色移りするかもしれません。靴も特徴的なデザインですが、裏側でマジックテープで止める形なので、履かせるのはさほど難しくはありません。
リボンはカチューシャに最初からついたままです。中に針金が入っていますので、リボンの先は自由に形を作ることができます。
b4632.jpg
付属品はダークオーブのみです。PVC製ですがちょっと安っぽいかな?
b4634.jpgb4635.jpg
そんなわけで適当に写真など。まどかと絡ませると、なかなか淫靡ですw
背景は先日のアイドールで買ってきた背景布ですが、結構合ってますね
b4639.jpgb4640.jpgb4641.jpg
b4642.jpgb4643.jpgb4644.jpg
b4645.jpgb4646.jpgb4647.jpg

posted by もろぼし☆らむ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドール

2016年02月27日

WF ガレージキット その3 つくもたん 卒業式Ver.

b4593.jpg
作ったガレージキット3つ目。なかはらワークショップさんのつくもたんで卒業式Ver.。これは結構作るのに苦労しました。欠けも気泡も結構多かったのと、結構嵌合がシビアなのもありますが、部品の分割が妙に独特で普通のガレキとちょっと違った感じだったので、特に頭のところは塗装してから気がついたという・・・。まぁ、仮組みの確認が甘かったってのもありますが。
頭の前と後ろの部品の髪のところはピッタリ接合するわけではない(完成写真と見比べましょう)、あとジャケットの後ろが2つに分割されているのはくっつかなくてもいい(後ろ髪で隠れるから)ってとこに気をつけて作ればいいのではないでしょうか。
b4601.jpgb4600.jpg←頭と背中の嵌合
髪の前後分割されてる部分の表面処理がちゃんとされないのはそれに気が付かなかったからですが、塗装までやってしまったので、直すのが面倒くさくなって目立たないからイイやとそのまんまです(^^;。
あと卒業証書の筒を持たせるとこは引っ掛ける部分は小さな微妙な穴があるぐらいなので、上手く両手の指の間を調整して挟み付けるようにすることが必要です。エポキシ接着剤でくっつけるときは、片方の手首以外をつけて完全硬化させた後に、残りの片手の手首をくっつけて完全硬化していない状態で、両手の指の間が1mmぐらい証書の筒の全長より短めに手首の傾きを調整してあげるといい感じです。筒の固定に接着剤を使う、使わないのどちらにしても、取り敢えず、とにかく片手の位置を先に確定させることがコツでしょうか。
b4598.jpgb4599.jpg
プリーツスカートのところはデカールがありますので、これでつけます。デカール自体に色がついていますが、下地の色を完全に隠蔽するわけではないので、スカートの下地は白色にする必要があります。裏地は表地ににた色で暗い色で塗装すればいいでしょう。
b4604.jpgb4602.jpgb4603.jpg
デカールはかなり硬いので、貼り付けにはクレオスのマークソフターとマークセッターが必須です。マークセッターを塗った後にデカールを起き、その上にソフターを塗って、ドライヤーで暖めるとデカールが柔らかくなるので、そのあとに貼り付け位置を調整します。失敗しやすいですが、デカールはかなり多めに付属していますので、安心してできると思います。なお、デカールの貼り付けは、スカートのプリーツ1〜2つ単位でやれば模様の配置がいい感じになるかと思います。おかげでこの作業だけで二時間以上かかりましたが・・・
なお、アイデカールもついてましたが、ちょっと単色で寂しい感じだったので、手書きでアイペしました。
そんなわけで適当に写真など。
b4594.jpgb4595.jpg
b4597.jpgb4596.jpgb4605.jpg
b4607.jpgb4606.jpg
posted by もろぼし☆らむ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア